カーテンの種類

生地の種類により、カーテンは大きくレースとドレープに分類されます。透過性のある薄手のカーテンをレース、厚手のカーテンをドレープ、と一般に言います。生地の種類によって、装飾性、機能性に特長があります。種類や特徴もしっかりと抑えておきましょう。

シェード

生地をたたみながら上下に昇降するように生地とメカが一体で作られているもので「ローマンシェード」とも言ったりします。縦方向に開閉するので、最近多い縦長の小窓と相性が良いです。またカーテンのように左右に溜まりができないので、窓辺がすっきりします。ツインシェードやプレーンシェードといった、ベーシックなタイプがとっても人気があります。またバリエーションも多く、オーストリアンシェードやバルーンシェードなど装飾性に非常に優れた個性的なタイプもあります。

ロールスクリーン

上部の巻き取り機構のメカに布製のスクリーンを巻き取り昇降させるウィンドウトリートメントをロールスクリーンと言います。生地や色柄などの種類も豊富で、布地以外に木や竹を使用したものなど色々な素材から選ぶことができます。キッチンのお洒落な目隠や部屋の間仕切りしなどに使用する場合もあります。普通のカーテンに比べ、ロールカーテンの生地は寿命が短いです。全てではありませんが、プリント生地など最初はきれいな柄・色も、日当たりのいい窓では早く色あせてしまいます。

プリーツスクリーン

スクリーンにプリーツ加工(ヒダ加工)を施したウィンドウトリートメントをプリーツスクリーンといいます。シンプルな無地調からすだれ調、和紙調などあります。すだれのような使い勝手でモダンな和室や、縦に昇降する障子などとの相性がとっても良いです。

ブラインド

最近では、種類や色、材質が豊富になり、いろんなタイプのブラインドを選べるようになりました。シンプルにスッキリと部屋の雰囲気を演出できることから非常に人気があります。またスラット(水平な羽根)を回転させることで採光をコントロールでき、通風も行なえるという機能性があります。素材は一般的にはアルミ製で、汚れや水にも強いという特長があります。

木製ブラインド

自然素材ならではの落ち着いた雰囲気や暖かみ、それと高級感が木材を使用することによってでています。もちろん、通風の確保や採光のコントロール性、左右のすっきり感など、優れたブラインドの機能性も継承しています。書斎等やモダンで暖かい雰囲気のリビングにとっても人気があります。羽幅やカラーバリエーション、カラフルなラダーテープ、バランスなどいろんな組み合わせを楽しむことができます。

縦型ブラインド

横型ブラインドは、横方向に羽根(スラット)が付いているのに対し、羽根(ルーバー)が縦方向に取り付いるのが縦型ブラインドになります。羽根(ルーバー)を回転させることにより採光や視線を調節する事ができます。調節可能なウインドウトリートメントです。従来はオフィスなどでよく利用されていました。しかし、最近では、モダンなマンションや一般住宅等でも人気がでています。羽根(ルーバー)の種類も増え、柄や色を選んでバリエーションが楽しめ、機能性とデザイン性に優れた演出ができます。横型ブラインドは、横方向に開閉するので横長のしかも高さのある掃き出し窓等と相性がよいです。また、高所にも向いています。

Favorite


医療脱毛を検討


楽器の買取業者を選ぶ際に役立ててください



2019/5/23 更新

Copyright:(c)2008 Curtain Design. All rights reserved.